Living On Borrowed Time - 株投資で豊かな毎日を築く!

ロボアドバイザーと米国株、株主優待のクロス取引を解説。スマホゲームや映画・音楽なども。

投資

金券ショップで初めて株主優待券を買い取ってもらいました

投稿日:

株主優待のクロス取引をはじめて一年ちょっと。どうしても使うアテのない株主優待券が出てきたので、先日金券ショップで売却してみました。

ネットでいろいろ検索し、値段や立地、自分が売りたい優待券の買取可否から考えて、「金券ショップ・アクセスチケット新宿店」がよいかなと思い行ってみることにしました。新宿東口を出て、歌舞伎町の方に向かうとすぐ徒歩1分のところにあり、アクセス抜群です。

 

買取はあっという間に完了

店員さんは若い女性の方が対応してくれました。株主優待券は様々な企業のたくさんの種類があるため、いくらするのか調べるのに時間がかかるのかなと思ってましたが、意外にも優待券を見ただけで値段を伝えてくれます。価格を調べ直されたのはほんの少しでした。普段から買取が多くて慣れてるのかなと思います。また、買取金額が安かったからなのか、身分証提示もなく名前を記載するだけで買い取ってもらえたのでとってもスピーディーでした。

 

買取ってもらえた株主優待券

買取してもらったのは以下の優待券です。

  1. ユニゾホールディングス
    UCギフトカードは使うつもりでとってありますが、一緒にもらえる「ホテル・ゴルフ場共通株主優待券」がホテルに泊まる予定もなく余っていました。
    買取価格
    ホテル・ゴルフ場共通株主優待券
    50円×10枚=250円
  2. コシダカ
    カタログギフトはリンクの記事のとおり使用済みですが、カラオケ本舗まねきねこ等で使える優待券が余っていました。そのうち使おうかなと思っている間に期限が3ヶ月後に迫っていたため売却することにしました。元の金額に比べて率が悪いですが使わずに紙切れになるリスクに比べれば仕方ありません。
    買取価格
    株主優待券1000円券
    5枚×400円=2000円
  3. H.I.S
    旅行に行く予定も今の所ないため余っていて、期限も来年1月いっぱいと近づいてきていました。本当は株主優待券2000円分も売りたかったのですが、買取価格が2枚×50円=100円とさすがに安すぎたためやめておきました。
    買取価格
    ハウステンボス500円入場割引券
    1枚×50円=50円
    ラグナシア500円入場割引券
    1枚×10円=10円

買取不可だった株主優待券

以下も買い取ってもらいたかったのですが、買取不可とのことでした。まあ、使い勝手がよくない優待券なので、買い取ってもらえないかもとは思っていました。

 

買取金額自体は大きくありませんが、期限までに使わなきゃと気になっていたものが一部処分できて気持ちが軽くなりました。金券ショップで買い取ってもらうという選択肢はこれまでなかったので、その選択肢が増えたことがうれしかったです。これからも利用させていただこうと思います。

 

スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ファイザー(PFE)を利益確定し、フェイスブック(FB)とピボタル(PVTL)を購入

ファイザー(PFE)の保有株のうち半分を売却して利益確定し、最近また少し値段を下げたフェイスブック(FB)を追加購入しました。また、前から購入したかったピボタル(PVTL)を新たに購入しました。 ファ …

WealthNaviのリスク許容度変更によるリバランスで、予想外の結果に

詳しくは以下の記事で書きましたが、僕が投資をはじめたキッカケであり、ポートフォリオの主力となっている稼ぎ頭はWealthNaviです。 ウェルスナビ(WealthNavi)とは? -そのメリット・デメ …

2018年6月のポートフォリオ:ブルーエプロン、エクソンモービルの高騰と復活!

1ヶ月飛ばしてしまいましたが、6月のポートフォリオ(5月31日の記録)です。 ウェルスナビの好調 4月時点では唯一プラスで踏ん張っていたウェルスナビ(主にVTI)ですが、20万円ほどさらに戻してくれま …

ブルーエプロン(APRN)を売り損ない第2四半期決算で暴落へ

少し以前のことになりますが、保有株のブルーエプロン(APRN)について、買った直後から下落し続けたものの、5月から上昇を続けついに6月には含み益が出ていました。 購入時とその後の暴落を記録した記事は以 …

2018年3月のポートフォリオ:暴落後の小回復とブルーエプロンの大損失

3月分の、そしてこのブログではじめてのポートフォリオを公開します。 各証券会社等でそれぞれの損益と、Moneyforwardで全体の金額は把握しているつもりでしたが、こうやって比率まで計算するといろい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ