Living On Borrowed Time - 株投資で豊かな毎日を築く!

ロボアドバイザーと米国株、株主優待のクロス取引を解説。スマホゲームや映画・音楽なども。

投資

WealthNaviのリスク許容度変更によるリバランスで、予想外の結果に

投稿日:

詳しくは以下の記事で書きましたが、僕が投資をはじめたキッカケであり、ポートフォリオの主力となっている稼ぎ頭はWealthNaviです。

 

2月の株式暴落で少し利益額こそ減りましたが、また順調に戻してきていて、安定した利益と安心感を与えてくれています。

ただ、ずっと気になっていることがありました。同じ株式でも銘柄による損益に違いがありすぎるのです。

 

ETFごとのパフォーマンスの違い

もちろん全く違う銘柄のETFですから、損益も全く違って当たり前なのですが、米国株(VTI)と比べて他の損益が少なすぎます。日欧株(VEA)は1/5以下、新興国株(VWO)に至っては1/15程度です。

各国市場は良いときも悪いときもありますから、差が出るのも当たり前ではありますが、気になるのはそのパフォーマンスです。ここまで1年ほど投資した利益がざっくりと、米国株は200万円で30万円(年率15%)、日欧株は200万円で5万円(年率2.5%)、新興国株は90万円で1万円(年率1%)となっています。米国株は出来過ぎとしても、日欧株はやはりいまひとつですし、新興国株はパフォーマンスがあまりにも悪すぎます。

米国債券(AGG)は毎月配当があり、気持ち的にはうれしいのですが、若干のマイナスとなっています。株暴落時の備えとして必要なのはわかるのですが、比率としては少ししか所持していないため、果たして備えになっているかも疑問に思っていました。まったく引き出すアテのない投資資金であれば、債券を多少持っていても意味はないかもしれないと考えていました。

そこで、思いきってWealthNaviのリスク許容度を変更することにしました。WealthNaviでは簡単な質問に答えることによって、リスク許容度を変更することができます(質問に答える形ではなく、自分で決めることもできます)。僕の場合、質問に答えた結果がそうだったのと、投資をはじめたばかりでリスクが怖かったので、リスク許容度は5段階で2番目にリスクの高い「リスク許容度4」にしていました。
このリスク許容度を「5」に変更しました。

 

リバランスの一部は予想外の結果に

リスク許容度を増やしたことで、米国債が売られました。これは当然予想どおりでした。ただ、パフォーマンスの高い米国株式の割合が増えなかったどころか減ったのが予想外でした。

なんと米国株が売られています。これは意外でした。

WealthNaviで積立投資もしているのですが、その資金や配当金があっても、このところまったく米国株(VTI)が買われず、日欧株や新興国株ばかりが買われています。これにずっと不満を抱いていました。

今回のリバランスで債券の割合が減ってVTIが買われ、米国株の割合が増えることが楽しみの一つでした。しかしそれはまったく逆の結果となってしまいました。

 

WealthNaviは資産の各アセットの割合を、リスク許容度に応じた一定の割合にするようになっています。7月11日の方のリバランスはこのためです。これにより、特定の資産に偏ることを避け、また値上がりした資産は自然と売却し、値が下がっている資産が購入されることになるため、適切な利益確定と適切な価格での購入が行われます。

この仕組みであることは理解するものの、やはり少しショックでした。投資したい対象が明確である場合には個人でETFを購入した方がよいかもしれません。ただ、米国が景気後退期に入った場合にもWealthNaviのパフォーマンスを上回ることができるのか。それは分かりません。

多少のパフォーマンスにおける非効率さはありますが、米国株だけではない投資によってリスク分散が図られていると信じて、引き続きWealthNaviを続けたいと思います。何と言っても僕の投資先で唯一黒字を出し続けていますから。少なくとも僕にとっては、投資において、あれこれしたくなってしまう心理が一番の足かせかと思っています。

スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

2018年8月のポートフォリオ:ファイザーの高値更新とブルーエプロンの高騰後の暴落

8月のポートフォリオ(8月5日の記録)です。   大きくプラスに転じられたはずが… 主力のウェルスナビや高配当ETF(HDV)が伸び、円安に進んだことで大きくプラスに転じるはずでしたが、ブル …

ゆうちょ銀行の預入限度額を超えるとどうなる?

  投資を始めたキッカケの一つは、ゆうちょの窓口で通常貯金上限額の変更をしませんかと勧誘されたことでした。 預け入れ限度額の上限に迫っていたようです。   ゆうちょ銀行の預け入れ限 …

2018年6月のポートフォリオ:ブルーエプロン、エクソンモービルの高騰と復活!

1ヶ月飛ばしてしまいましたが、6月のポートフォリオ(5月31日の記録)です。 ウェルスナビの好調 4月時点では唯一プラスで踏ん張っていたウェルスナビ(主にVTI)ですが、20万円ほどさらに戻してくれま …

米国株価大暴落での損失公開! その後の新規株購入の仕込み状況も

2018年2月上旬に米国株は記録的な大暴落をしました。 ここまで本格的な暴落は自分にとってはじめてで、わずか一週間ちょっとで80万円ほどあった利益が消え、20万円ほどのマイナスになりました。マイナス1 …

始めて半年の初心者が語る、株をはじめてよかった6つのこと

株による投資をはじめて、もちろん資産を運用して資産を増やすことができていますので、単にはじめたことだけでもよかったことです。ただ、考えてみると、次の点も自分にとってプラスだったなと思うので、忘れないよ …

スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ