Living On Borrowed Time - 株投資で豊かな毎日を築く!

ロボアドバイザーと米国株、株主優待のクロス取引を解説。スマホゲームや映画・音楽なども。

投資

2018年4月のポートフォリオ:仮想通貨の凋落と株価の更なる下落

投稿日:

少し遅くなりましたが、4月のポートフォリオ(4月2日の記録)です。

わずか1ヶ月の期間で、仮想通貨の評価額がほぼ半分になってしまいました。値下がりが止まりません。最近は仮想通貨が再び値上がりする可能性について、悲観的な空気を感じます。まあ、失ってもよいつもりの資金だったこともあり、損切りはせずに保有し続けようと思います。
しかし、こうやってみると、他のオルトコインが半分近く値下がりしているのに対し、ビットコインの値下がり幅は3割ほどとまだ一番マシです。下落時はやはり基軸通貨が一番強いのかなと思いました。

株価も順調に回復するどころか、さらにマイナスを増やしてしまっています。もちろん円高の影響もあるのですが、株価も3月より若干下げています。このところ、市場が一日反発をみせると、政治(貿易戦争)が次の日には下げ材料を出すといった足踏み状態です。トランプ政権がわざと株価を下げようとしているんじゃないかと疑いたくなるほどです。そのうち上昇に転じるものと、こちらは特に心配はしていませんが、買い増しする現金の余裕がないのが痛いところです。

このあと、HDVを少しだけ買い増しましたが、それで弾切れです。あと、ボックス相場であることを利用して、S&P500連動の東証上場ETFを売買して少し稼いでみましたが、投入額が少ないためせいぜい1万円ちょっとの利益にしかなりませんでした。

ブルーエプロン(APRN)はさらにズルズルと下落を続けました。購入時の半分の評価額になってしまっています。完全に損切りできる額ではないため、もうふて寝して次の決算を期待して待つよりありません。

我慢の時はまだしばらく続きそうです。

 

スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


スポンサーリンク 記事下

スポンサーリンク


-投資

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

財形貯蓄よりも投資を行うべしー15年間、財形を続けて得た結論

  社会人になってからしばらくして、職場の人に進められ財形貯蓄(いわゆる財形)を始めました。 それから15年、一度も預金を引き出すことなく、株式投資を始めるまで止めようとは考えたこともありま …

ウェルスナビ(WealthNavi)とは? -そのメリット・デメリット

  僕が投資を始めたキッカケは、偶然でした。 たまたまWealthNavi代表の柴山さんの記事を、IT系サイトで見かけたからでした。 彼は財務省を退職後、マッキンゼーで働き、TECH::CA …

ブルーエプロン(APRN)を売り損ない第2四半期決算で暴落へ

少し以前のことになりますが、保有株のブルーエプロン(APRN)について、買った直後から下落し続けたものの、5月から上昇を続けついに6月には含み益が出ていました。 購入時とその後の暴落を記録した記事は以 …

2018年8月のポートフォリオ:ファイザーの高値更新とブルーエプロンの高騰後の暴落

8月のポートフォリオ(8月5日の記録)です。   大きくプラスに転じられたはずが… 主力のウェルスナビや高配当ETF(HDV)が伸び、円安に進んだことで大きくプラスに転じるはずでしたが、ブル …

2018年3月のポートフォリオ:暴落後の小回復とブルーエプロンの大損失

3月分の、そしてこのブログではじめてのポートフォリオを公開します。 各証券会社等でそれぞれの損益と、Moneyforwardで全体の金額は把握しているつもりでしたが、こうやって比率まで計算するといろい …

スポンサーリンク

スポンサーリンク
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ